上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
みなさま、こんにちは

国際イメージコンサルタント・ブランディングコーチたまちゃん☆です

いつも私のブログをご覧になっていただき本当に嬉しいです

ありがとうございます


お待たせ致しました

さて、「お辞儀」について。

以前、60代経営者の方に、

「お辞儀を拝見しただけで、お仕事の出来る方だと分かりましたよ」と、
褒めていただいたことがあります

それだけ、「お辞儀」は相手に好印象を与える、
インパクトある動作・所作の1つ
といえます。

きちんとした「お辞儀」はこんな印象を相手に与えます。

しっかりしている
きちんとしている
はきはきしている
礼儀正しい
洗練されている
仕事が出来る
清潔
誠実


たったお辞儀1つで、こんな印象を相手が持ってくれたとしたら。。。
と~~~ってもお得だと思いませんか?

実践しなきゃ、損です(笑)


それでは、相手に好印象を与える「お辞儀」とはどんなお辞儀なのでしょうか??

まずポイントは5つ。

1、背中からでなく腰から真っ直ぐ曲げること。
2、言葉と動作は一緒に行わないこと。(言葉が先、そしてお辞儀。)
3、言葉ははきはき、大きめに発声すること。
4、必ず立ち止まってお辞儀すること。
5、上半身を下げる時は素早く、上げる時は倍の時間をかけること。

この5つさえ意識すれば、「お辞儀」だけで今までより、
ワンランク上のブランド人になれます


ちなみに、お辞儀には以下の3種類がございます。
TPOにより使い分ければ、さらにレベルアップ間違いなしです。

お辞儀3種類
①会釈・・・軽いお辞儀
約15度ほど体を前に倒し、視線は1.5メートルのところに落とす。
(人とすれ違う、お茶を出す、人の前を通る時に使う
軽いお辞儀の仕方、主に社内)

②敬礼・・・一般的なお辞儀
約30度ほど体を倒し、視線は60センチ先に落とす。
出社や退社、来客のお出迎え、応接室への出入り、
上司の指示をうけたときなどに使用する)

③最敬礼・・・最も丁寧なお辞儀
約45度ほど体を前に倒し、視線は自分の足元をみる。
(深い感謝、謝罪の気持ちを伝える、無理を頼む、
紹介を受けたときなどに使用する)


お辞儀はビジネスシーンで必ず行います。

しかも、最初にお会いした時、そしてお別れする時によく使われる動作・所作です。

人間の印象を形成する要因として、最初と最後はとても大切です。

普段意識せずしている方が多い「お辞儀」。

このブログをご覧になっている皆さまはぜひ、
今から意識&実践していただき、
他者から一歩抜き出るブランド人を目指しましょう


いつもありがとうございます
感謝です
毎日がおはようの笑顔で始まり、ありがとうの感謝で終わる
素敵な一日でありますように

冷やし中華ならぬ、Amebaブログ始めました
☆AICI国際イメージコンサルタント&コーチたまちゃん☆の
キラキラ玉磨きブランディング☆


FC2ブログランキングに参加しています
最後まで読んでいただきありがとうございます。応援していただけると励みになります
FC2 Blog Ranking





国際イメージコンサルタント・パーソナルコーチの沢口珠子です。
イメージコンサルティング・コーチング・プロフェッショナル・ブランディング
スポンサーサイト
2009.06.27 Sat l ☆ビジネスマンにオススメ☆ l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。